賃貸マンション

賢い賃貸マンション選び

賃貸か持家か

賃貸住宅が良いのか、持家が良いのか…
この対立は、随分と昔から耳にしているような気がします。
住居は人間が生きていくうえで、不可欠なものです。
一生の問題であるということもできます。
だからこそ、このように問題になるのでしょうね。

【どちらが安いか】
金銭面で比較した場合には、大きな差はないという調査結果があります。

賃貸は家賃を支払続ける必要がありますが、
持家でもローンや固定資産税を支払う必要があります。

賃貸は引越しなどの費用が必要ですが、持家でも管理や修繕費用がかかります。

持家ではローン返済とともに必要な費用が下がりますが、
家も古くなって価値が下がってしまいます。

賃貸では、不動産の相場の変動によって賃料が上下する可能性がありますが、
引越しを続けることで常に新しい住居に住むことができます。

どちらも一長一短あるということですね。

結局は、価値観などで決定せざるを得ないのでしょう。
価値観が違う人同士では、議論は成り立たないとも言われています。
持家vs賃貸の争いが終焉を迎えないのも、このせいかもしれませんね。

【持家に合う価値観、賃貸に合う価値観】
一国一城の主になりたい、と思うような男性は近年減ってきているのでしょうか。
古い考え方なのかもしれませんが、男性には城が欲しいという願望があると
言われてきました。
そのような人にとって、持家は憧れでしょう。

一つのモノをずっと大事にするよりは、どんどん買い替えていきたい。
このような考えを持つ人は、賃貸住宅が合っているかもしれません。

自分にもしものことがあるかもしれない…
という思いで、保険などをしっかり選んでいる人は…
意外かもしれませんが持家が向いています。
持家を購入するため、ほとんどの人は住宅ローンを組みます。
住宅ローンを組む条件として、団信(団体信用生命保険)という保険に
加入しなければなりません。
これはローンを支払終わらないうちに亡くなってしまった場合に、残りのローンが
帳消しになるという生命保険です。
夫に先立たれた場合の妻を考えると、持家の方が安心できるのですね。

 

【PR】看護のお仕事

立地に着目した物件の選び方

物件を探す場合には、地域から探す場合と部屋の条件から探す場合の
双方があるでしょう。
もちろん双方チェックするのですが、どちらを優先させるのかということを
意識して選んでいる人が多いのではないでしょうか。

このページでは、立地に焦点を絞った物件の選び方のコツを紹介します。

【駅からの距離】
電車を使って通勤・通学するという場合に、まず大事なポイントとなりますね。
物件の情報には、駅から徒歩〜分と書いてありますよね。
これも目安にはなるのですが、80mを一分と設定してあります。
しかしこの時間は信号の待ち時間や、坂などは一切考慮に入っていないものです。
詳細な地図で実際に、駅までのルートをシミュレートしてみるとよいでしょう。

なお駅から近いと利便性は高くなりますが、閑静さはなくなります。
閑静な住宅地か、にぎやかな繁華街か…
どちらが好みかに応じて、立地を検討し直す必要があるでしょう。

なお駅から離れている場合には、夜道が安全かという点も確認しておきたいですね。
駅から歩いて行けないような立地の場合には、バスの便などを確認しておきましょう。

【設備や店へのアクセス】
公園やスーパーなどが近くにあるかどうかも、大きなポイントですね。
駅の付近も繁華街として充実していることが多いですね。
しかし郊外でも、大型の公園やスーパーが集中している場所があります。

車を持っているような場合には、郊外の方が便利だったりしますよね。

他にも近くにあるかどうか確認しておきたいものは…
・病院
・銀行
・役所
・学校
・保育園
などです。

【治安】
治安が良いか悪いか、というのは実際に住んでみないと分からない場合が多いですね。
ネット上の掲示板での口コミなどを、活用するのが良いでしょう。

不動産屋は、治安が悪く嫌厭されるような場所であっても、
それを伝えない場合もあります。
必ず治安はいいのかどうかを、尋ねるようにしましょう。

近隣の騒音などの住環境も、できれば現地を訪れて確認しておきたいところ…
近隣住民や自治会の様子なども収集しておきたいですね。


【PR】ヒザ脱毛

コンテンツ一覧