賃貸マンション 初期費用

賃貸マンションを借りる際に必要な初期費用

賃貸マンションを借りる際に必要な初期費用

賃貸マンションを借りる場合には、様々な費用がかかります。
一般に、家賃の5倍以上の費用が必要と言われます。

どのような費用が掛かるのか紹介しましょう。

【敷金】
敷金は、入居に際して貸主に預けるお金のことです。
家賃を滞納した場合には、敷金から補填されます。
家賃の2か月程度が要求される場合が多いようです。

西日本では、敷引きといって敷金が返還されない慣習があります。
しかし敷金は、家賃滞納のときのための担保のための金銭です。
最高裁でも、敷金は返す必要があるという判決が出されました。
このため、現在では敷金は返還されることが多いようです。

もっとも退去の際に、壁紙の張り替えなど原状回復費が発生します。
この費用と敷金から差し引かれることが多いようです。
原状回復費が敷金より多い場合には、手出しをする必要があります。

近年では、敷金ゼロという物件も多いようです。
手持ちが少ない人は、敷金ゼロの物件を探すと良いでしょう。
この場合、退去の際に支払う金額が多くなるおそれもあるので、注意しましょう。

【礼金】
礼金も、敷金と同様入居に際して貸主に支払うお金です。
ただ敷金とは違い、貸主に対するお礼としての金銭ですので、返還されません。

敷金同様、礼金ゼロという物件も近年多くなっています。

【仲介手数料】
大家と借主の仲介をしてくれる不動産会社に支払うお金です。
家賃の一か月分が相場です。
交渉次第で、減額してもらえる可能性もあります。

【前家賃】
契約を結ぶ際には、入居した月の日割り家賃と翌月分の家賃を、
前払いで支払うように要求されることが多いようです。

交渉次第では、前払いをせずともよい場合もあるようです。

【引越し費用】
一人暮らしならそこまで大きくはなりませんが、
一家で引っ越すという場合には大きな費用となります。

レンタカーを借りて引越しをするという場合もあるようですが、
補償などがありませんし、友人へのお礼も少なくはないので注意が必要です。

引越し業者を使う際には、数社から見積りを取るようにしましょう。

 

【PR】脱毛 横浜

引越しに必要な手続

 

賃貸マンションから賃貸マンションへ引っ越す場合には、
複数の手続きをこなす必要があります。

このページでは一般に必要とされる手続を紹介していきます。

【新しい住居の決定】
新しい住居を決定しないことには引越しできませんね。

【解約の手続】
解約については数か月前に貸主に告知しておく必要があります。
詳しくは…
⇒「解約の流れ」をご覧ください。

【引越し日や業者を決める】
引越しの業者に連絡をして、見積りをしてもらう必要があります。
複数の業者に見積りをしてもらい、互いに競争させることで安くなりますよ。

【電気・ガス・水道】
これらは転居前に連絡し、清算などを済ませる必要があります。
ガスは閉栓に立ち会う必要がありますので、早い段階で連絡しておくとよいでしょう。

【荷造り】
荷造りする際には、大量の段ボールが必要になります。
段ボールをホームセンターなどで購入すると、結構値段が張ります。
ドラッグストアやスーパーなどで、もらうことができますので地道に集めましょう。

【不用品の処分】
荷造りをするまえに、粗大ゴミや不用品などを徐々に処分しましょう。
直前にまとめて処分しようとすると、大変なことになってしまいます。

【掃除】
最近全く掃除をせずに転居する人もいるようです。
しかし業者や貸主から何も言われずとも、最低限の掃除はしましょう。
経つ鳥跡を濁さずです!

【役所に届け出る】
住民票や国民健康保険など、各種の届出をしましょう。

【転校の手続き】
お子さんがいる場合には早めに転校の手続をしましょう。
担任の先生に連絡をして、各種の証明書を発行してもらう必要があります。
そして新しい住所の役所・指定された学校で手続をしましょう。
お子さんに伝えるのは、早めがいいですよ。

【郵便局】
郵便物を転送してもらうための、転送届を出しておきましょう。
1年間は転送してもらえます。
ウェブ上でも手続できます。

【住所変更】
銀行や保険・クレジットカード・携帯電話など、
必要なところに住所変更を出しましょう。
漏れがあっても郵便の転送をお願いしておくと安心ですよ。

【運転免許証や車】
最寄りの警察署に届け出る必要があります。
新住所を証明できるものを持っていく必要がありますので、
役所に届出をした後にしましょう。

コンテンツ一覧