賃貸住宅

様々な形態の賃貸住宅

様々な形態の賃貸住宅

賃貸住宅には様々な形態があります。
近年特に、賃貸住宅は多様化してきています。

代表的な形態について紹介をしていきましょう。

【賃貸アパート】
コーポやハイツなどと呼ばれることもあります。
マンションとアパートの違いについて、厳密な決まりはありません。
しかし一般には、木造の低層物件をアパートと呼ぶことが多いようです。
マンションより賃料が安めの傾向にあるようです。
ただし防音性や耐火性などに難があります。

2階建ての低層住宅であることが多く、
女性には防犯の観点からあまりおススメできません。
一人暮らしの男性が住むことが、多いようです。

【賃貸マンション】
鉄筋コンクリートで耐火性を備えている住宅を、マンションと呼びます。
耐火性があり防音性もありますが、賃料が高い傾向にあります。

オートロックなど防犯性も備えていることも多く、
女性の一人暮らしでも比較的安心ですね。

【マンスリーマンション】
近年CMなどでも盛んに広告されているので、すっかりおなじみですね。
マンスリーマンションとは、短期契約を念頭に置いた家具付きの賃貸住宅です。
敷金や礼金が不要という物件も多く、気軽に入居できます。
家具が付いているので、出張などにも活用されています。
企業が、一括して借り上げているような場合も多いようです。

一月当たりの料金は、一般の物件よりも高い傾向にあります。

中には、一週間単位で契約できるウィークリーマンションもあります。
ウィークリーを上手に使うと、ビジネスホテルを利用するより安くつきますよ。

短期ではなく、長期契約で住むことももちろんできます。

【戸建賃貸住宅】
一軒家を丸ごと賃貸するというタイプです。
空き家を賃貸に出すという賃貸契約は、昔からありました。

しかし近年アパートと同じような造りで、戸建にしている物件が
地方を中心に多く建築されています。
4LDKや3LDKと、一般の住宅と変わらない広さなのに
5万円〜10万円と格安で借りることができる物件もあるようですよ。

一国一城の主になりたいけど、持家は…という地方在住の方にお勧めです!

 

【PR】新型クラウン

はじめての一人暮らしで必要な物品

 

一人暮らしを新しく始める際には、様々な物を準備する必要があります。
代表的なものを紹介していきましょう。

【寝具】
ふとんなどがないと生活できません。
枕・掛け布団・敷布団・カバーなど、様々なものを揃える必要があります。
セット販売で安く手に入ることがあるので、おススメです。

ベッドが良いのか、布団が良いのか、折り畳みベッドが良いのか…
この辺りは好みでしょう。
ワンルームの場合には、折り畳みベッドか布団のように、
いざというときに収納できるものが人気のようですよ。

【照明】
物件によっては、照明器具を自分で持ち込む必要があります。
シーリングを購入する際には、消費電力などに気をつけましょう。

和式の物やリモコンで消灯できるものまで、様々なものがあります。
部屋をオシャレにしたい場合には、間接照明などにもこだわりたいですね。

【家電】
一人暮らしに必要なものの中で一番お金がかかるのが家電ですね。
・エアコン(部屋に設置してあることが多い、物件探しの際に確認しておこう)
・テレビ
・パソコン
・冷蔵庫
・炊飯器
・レンジ
・掃除機
・掃除機
など、最低限そろえるだけでもかなりのお金がかかります。

リサイクルショップを巡って安くで揃えたり、
新生活応援セールを活用したりするといいでしょう。
近年では、ネットオークションを活用するという方法も有効でしょう。

【カーテン】
カーテンは、自分で付ける必要がある物件がほとんどです。
カーテンの色やデザイン一つで部屋の雰囲気ががらりと変わるので、
部屋をどのような雰囲気にしたいのか、しっかり考えた上で選びましょう。

遮光性のある物や、防音性のある物もあるので探す際に注意してみましょう。

なお、カーテンとレースカーテン2枚を付けるのが一般です。
寝具と同様、セットで格安で手に入れることもできます。

【料理器具】
包丁やまな板など調理器具も一通りそろえる必要があります。
こだわりがない場合には、100円ショップを活用することで
安くで揃えることが可能です。

コンロがない物件もあります。
しっかりしたコンロは良い値段しますので、
あまり料理をしない場合には、カセットコンロで済ませてもいいでしょう。

コンテンツ一覧