必要な費用

暮らしていく上で必要な費用

暮らしていく上で必要な費用

賃貸住宅に住む場合、契約の際の初期費用や家具などを揃える費用も
相当の金額となります。
しかし忘れてはならないのが、毎月かかる費用です。
ここでは、一人暮らしをする場合に発生する費用を紹介しましょう。
※住む地域などによっても大きな違いが出ることがあります。

【家賃】
家賃が一番まとまった出費となることが多いでしょう。
地方か都市部かで、大きな差が出てくる費用です。
共益費や管理費、町会費なども一緒にして計算しておく必要があります。

【電気代】
冬や夏は冷暖房費で、高くなる傾向にあります。
また長く家にいる人ほど高くなります。

契約している容量によって大きな差がでます。
契約アンペアが50アンペアの場合には1万円前後になります。
(電気にも、携帯電話のように様々な契約プランがあるので調べてみましょう。)
一人ぐらいの場合には、3000〜10000円程度が相場でしょう。

【ガス代】
都市ガスなのかプロパンガスなのかによって大きく違ってきます。
プロパンガスの方が高い傾向にあります。
風呂を貯めるのかどうかでも大きく違います。

電化住宅の場合には、ガス代はかかりません(その分電気代が高くなります)。

3000円から8000円程度が相場でしょう。

【水道代】
水道料金も、地方によって大きな差があります。
場所によっては、水道代がかからない場所もあるようですよ。
下水道代も一緒に計算しましょう。

3000円前後が相場のようです。

【通信費】
携帯代やインターネット代などです。
使い方によって携帯代金は大きく違いますね。
インターネット代は3000円から6000円の間が多いようです。

【車関係費】
車を持っている場合には、駐車場代や保健代・車検代・ガソリン代など
様々な費用がかかります。

【食費】
食費も忘れてはいけません。
外食をするとグッと大きくなってしまうので注意しましょう。
だいたい2万円から4万円程度が相場でしょうか。

【日用品代】
ティッシュペーパーやトイレットペーパー、
トイレ洗剤やごみ袋など細々とした日用品の費用は結構かさみます。
100円ショップを活用するなど、工夫が必要ですね。

以上の費用に加え、交遊費や学費、保険代や貯蓄など様々な費用が必要です。
趣味にかけるお金なども忘れてはいけません。

 

【PR】フィットシャトル

解約の流れ

 

【契約書を確認】
賃貸マンションを解約するときに、必ずやるべきことがあります。
最初に交わした契約書を確認することです。

ほとんどの契約書には1〜2か月前に、退去の予告をするように記載してあります。
このような契約をしている場合、退去の直前まで予告も何もせず、
突然「明日から退去します。」と連絡したらどうなるのでしょう?

もちろん退去することは自由にできます。
しかし予告から1〜2か月は、賃貸借契約が継続してしまいます。
つまり住んでないのに、家賃を支払わなければならなくなるのですね。

このような事態を経験してしまった人は、意外と多いようです。
転居を考え始めた際には、必ず契約書を確認しておきましょう!

【新居の契約】
退去する前に、新居の契約を済ませる必要がありますよね。
この時に、うまく計算してから契約をしないと、
無駄な出費が発生してしまうことがあります。

退去する場合には、一定の日まで家賃を払う必要があります。
これは当然ですね。
そして新居を契約してしまうと、契約の日から家賃が発生するのです。
双方の期間が重なってしまうことで、二重の家賃を払う必要があるのです。
引越しは一日で完了させてしまうことが多いので、
この期間が発生してしまうことはしょうがないことでしょう。
(少なくとも一日は重なっていないと引越しできませんよね)

新居を契約するときに計算しなくてはならないのは、
この二重家賃の発生期間がどれくらいになるのか、ということです。

退去する際、まず契約書を確認するように説明しましたよね。
契約書には、退去の場合家賃をいつまで払う必要があるのかも記載してあります。
月の途中までで退去した場合でも、月末分まで払う必要がある場合もあります。
退去の日までで日割り計算する場合もあります。
退去する住居の支払を確認したうえで、新居の契約日を考えましょう。

場合によっては、手付を払うことで契約せずに押さえておくこともできます。
契約の日を遅めにすることもできるでしょう。

このように調整して、二重に家賃が発生する期間をできるだけ少なくしましょう。

コンテンツ一覧